「さっぽろタパス2013」と食欲の秋☆

札幌観光するなら札幌観光ナビ
main01

main01

さっぽろタパス2013」が、2013年9月1日から5日までの5日間にわたって行われます。

5片か9片のチケット綴である「ボノタパス」を対象飲食店に持っていくと、
チケット1片ごとに「飲み物+タパス」、
2片で「充実ランチ」を楽しむことができるという企画です。

タパスとは、飲み物と一緒に楽しむ軽食やおつまみのことです。
元々は、スペインの喫茶店兼居酒屋である「バル」において提供されているものです。

今回さっぽろタパス2013に参加しているお店は札幌市内のフレンチやスパニッシュ、
イタリアンやバー、和食店、多国籍料理店、
カフェなどといったように多岐にわたっています。

ワインやビールにオリジナルのおつまみ、コーヒー、お茶、スイーツも飲んで食べて、
札幌のお店が持っている魅力を感じるには絶好のチャンスです。

さっぽろタパスには「タパス・アミーゴス」と呼ばれるサポーターがいて、
さっぽろタパスに参加してほしい飲食店をリクエストすることができます。

そのリクエストをもとに実行委員が店舗と交渉にあたり、参加店が決められています。

今回も札幌市内の100店舗以上にわたる名店が参加していて、
オリジナルのタパスやサービスドリンクなどが用意されています。

札幌観光でおなかがすいたらお得で個性豊かなタパスを楽しんで、
食欲の秋を楽しんでも良いでしょう。

↓食べて歩いておいしい札幌を遊ぶ「さっぽろタパス2011」

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。