「ビールのまち さっぽろ ビア大使」の中田翔選手がビールをプロデュース?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市では「ビールのまちさっぽろ」プロジェクトを立ち上げていて、
ビールで札幌市のまちづくり、産業を盛り上げていこうという試みが行われています。

「ビールのまちさっぽろ」とは、
札幌が日本人によってはじめて本格的にビールの醸造された場所であり、
日本人にとってビールの発祥地であるという歴史にちなんでいます。

サッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所は明治政府によって札幌に置かれ、
札幌開拓の歴史と深いつながりもあります。

また、札幌では夏になると多くのビアガーデンが開催され、
札幌観光にビールはつきものであるのです。

「ビールのまち さっぽろ ビア大使」として、
プロ野球北海道日本ハムファイターズの中田翔選手と陽岱鋼選手が就任しました。

その就任を記念して4月12日から5月16日までの間、
札幌ドームで開催される10試合限定で、
中田翔選手プロデュースによるオリジナルビールが登場しています

2階ライト側スタンドにある「銀座ライオン」のワゴン売店で、販売されています。
1試合につき500杯限定ですから開場後に販売を開始し、売り切れれば終了となります。

中田選手のオリジナルビールを飲みながらファイターズを応援し、
またファイターズが勝利したときにオリジナルビールで乾杯するというのも良いでしょう。

↓2014/4/12 中田選手ビール 『中田翔スペシャル』さっぽろビア大使

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。