「第1回さっぽろ景観総選挙」で知られざる名所が明らかに?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

市民という視点で個人的に好きな札幌の風景を写真に撮り、
その写真を共有して人気投票をするという「第1回札幌景観総選挙」が行われ、
2014年1月26日に最終審査の結果が発表されました。

観光名所として知られている場所とは違って意外なスポットが選ばれていて、
札幌の知られざる名所や風景について知ることができます。

1位となったのは南区の「石山緑地」であり、
広大な都市緑地が選ばれることとなりました。

続く2位は、観光客にもよく知られている北海道大学の銀杏並木です。

観光で人気があるスポットとしては札幌テレビ塔が5位、藻岩山が9位、
モエレ沼公園が10位に選ばれています。

大通公園や札幌時計台もそれぞれ13位、14位となっています。

意外なものでは南区にある東海大学のキャンパス内で行われる、
「ラベンダーフェスティバル」の景観が第3位となっていて、
札幌駅前通で行われたプロ野球北海道日本ハムファイターズの優勝パレード風景が、
4位となりました。

21位になった白石区の万生公園、38位になった南区の真駒内五輪団地といったように、
地元色の強いものもありました。

選出された48位までの景観は、札幌市におけるPR活動の一環である、
「景観まちづくりカードゲーム☆景カード」にも採用されます。

↓石山緑地 ~札幌~

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。