「羊ヶ丘スノーパーク」で札幌の冬体験!

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市豊平区にある羊ヶ丘展望台は、札幌観光を代表するスポットのひとつです。

2014年1月11日から3月2日までの冬期間は「羊ヶ丘スノーパーク」が開催されていて、
親子連れや雪をさわったことのない観光客に対して、
雪遊びを楽しむ機会が提供されています。

「スノーラフティング」はスノーモービルでラフティングボートを引っ張り、
広大な雪原を突き進む迫力満点のアクティビティです。

ゴムチューブに乗って滑走する「チューブそりすべり台」、
展望台の敷地を歩くスキーで散策するコース、かまくらなどもあり、
個性的な「ミニ雪だるま」もたくさん並んでいます。

日によって「雪玉ボーリング」、
「雪玉ストラックアウト」を楽しむことのできる日もあります。

同時にレストハウスの3階にあるイベントホールでは、
ソチオリンピック応援企画として、
「頑張れ日本代表カーリングを知ろう!!展」も開催されています。

北海道外の人たちになじみがうすい競技であるカーリングを紹介するパネル展示のほか、
本物のストーンを持ってみる重さ体験コーナー、
ミニチュアカーリングゲームコーナーも設けられています。

ソチオリンピックの日本代表となった「北海道銀行フォルティウス」のメンバーが書いた、
直筆のサインも展示されています。

↓羊ヶ丘展望台のスノーラフティング

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。