「芸術の森クリスマスアート展2013」は雰囲気満点

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市南区にある「札幌芸術の森」では毎年恒例の行事として、
「芸術の森クリスマスアート展2013」として地元の工芸作家や美術系の学生などによって、
クリスマスをテーマとした作品の披露
が行われています。

クラフトだけでなくデザインや絵画、造形などといった幅広い分野の作家が参加し、
自由にクリスマスを表現します。

また、この時期に合わせて北欧のクリスマス人形やさまざまな飾り物が展示され、
オリジナルのクリスマスグッズを作る講習会も行われています。

今年は2013年11月23日から12月25日までが、
「クリスマスアート展」の期間
となっています。

休館日の月曜日を除く毎日午前9時45分から午後5時までいつでも、
工芸館の展示ホールにおいて入場無料でクリスマスを身近に感じることができます。

毎年出展される作品は、どの作品も本格的な芸術作品ばかりです。

札幌芸術の森は施設自体が周辺の自然にとけこんだつくりになっていますから、
この時期には施設全体がクリスマスの芸術作品であるかのようです。

12月には雪が積もり始め、札幌芸術の森周辺はサンタランドに来たかのような外観になり、
クリスマスの雰囲気も満点です。

美術館全体がクリスマスのオーナメントにも見え、
ロマンチックなホワイトクリスマスを過ごしたいという人におすすめです。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。