「芸術の森地区雪あかりの祭典」はもりだくさん!

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市南区にある「札幌芸術の森」では、
2014年1月25日に「芸術の森地区雪あかりの祭典」
が行われます。

当日は札幌芸術の森園内だけでなく、周辺の地区でも「あかり」をテーマとして、
街ぐるみでのイベント
が行われます。

これは毎年恒例となっている冬のお祭りであり、
日中はもちつき大会や野外美術館での雪のすべり台、
クラフト体験などを楽しむことができ、家族連れでにぎわいます。

また、夜間にはしずく型をした1,000個ものアイスキャンドルで、
園路をライトアップする「キャンドルの小路」や星の観望会が開催され、
札幌芸術の森で冬の1日を満喫することができます。

アートホールではもちつき大会が行われ、
つきたてのお餅でお雑煮やお汁粉がふるまわれるほか、
スチロール版を引っかいて作る版画の体験会も行われます。

野外美術館では彫刻の中を滑る雪の滑り台が登場するほかトレジャーハンティング、
アイスキャンドルの制作も行われます。

さらにはストローを使ってフィンランド伝統の装飾品である「ヒンメリ」を作る企画、
アイスキャンドル柄の手ぬぐい染めをする体験企画などもあります。

これらのイベントに合わせて「札幌芸術の森美術館」でのギャラリーツアーの企画、
開館延長によるナイトミュージアムなども行われる予定です。

↓もちつきって楽しいね!札幌で「雪あかりの祭典」(2012/01/28)北海道新聞

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。