「PMF2015」の開催概要

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

2015年に開催される「PMF2015」(パシフィックミュージックフェスティバル)について、
開催概要は2014年11月に発表されています

26回目となる「PMF2015」では、
ロシアの指揮者であるワレリー・ゲルギエフさんが芸術監督として迎えられます。

2015年7月12日から2015年8月4日までの24日間にわたって、
札幌を中心として横浜や東京などでの公演も加えて開催されます。

ワレリーさんが指揮を務めるベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」などのソリストには、
「チャイコフスキー国際コンクール」のピアノ部門で2015年に入賞した人が出演します。

PMFに参加する若手音楽家と同じ年代のソリストが登場するということで、
共演が注目されるところです。

そのほか、
チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団での功績が知られるデイヴィット・ジンマンさんが、
ブルックナーやドヴォルザークなどの楽曲で指揮を担当し、
声楽家の松原友さんがマーラーの「さすらう若人の歌」でソリストを務めます。

そして従来からのオーケストラ・アカデミーに加えて、
あらたに声楽や指揮のアカデミーも設置されて音楽教育体制も幅広くなり、
さらなる充実が期待されます

↓ザ・ドキュメンタリー 25回目のアンコーラ!札幌の音楽祭PMF – Part 1/2 – 12月13日

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。