かね彦が親しまれている理由

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

「かね彦」は大正7年に創業され、札幌でも有名なかまぼこ店です
伝統を守り続けてきたその歴史は、90年にもなっています。

実はかね彦は最初、魚屋でした。

初代が札幌二条市場にお店をかまえたのは明治33年のことであり、
中島鮮魚店というお店だったのです。

当時の北海道近海においては、現在高級魚となっている「わらずか」が、
多く水揚げされていました。

見た目がグロテスクだったことから、当時から蒲鉾屋では人気になっていました。

そこで魚屋だった初代は魚屋ならではという目利きから、
もっと良い魚選びをすることができ、おいしい蒲鉾を作ることができると考えて、
蒲鉾作りを始めたのでした。

その読みが的中して人気商品になったことをきっかけに、
かね彦は現在まで蒲鉾屋としてこだわった蒲鉾を作り続けてきています。

蒲鉾の原料になっている魚は、手作業によって3枚におろしています。

手でおろすという作業には大変な手間がかかるため、
今や手作業で魚をおろしているという蒲鉾屋は少なくなっているのです。

ですがかね彦では原料へのこだわりから、手作業で3枚におろしてすり身にしています。

そのような商品は全国蒲鉾品評会においても最優秀の農林大臣賞、
そのほかの食品コンクールでも水産庁長官賞や知事賞などを受賞しています

さらには環境にも配慮したかね彦の企業経営が認められ、
食品産業優良企業として農林水産大臣賞も受賞しています。

↓札幌B7リーグ開幕戦 第1試合 かね彦野球クラブ VS ブランクス

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。