くるるの杜の農村レストランで北海道ならではの味を!

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

北広島市にある「くるるの杜」は、
JR札幌駅からですと車でおよそ35分という場所にあります

JR新札幌駅からであればバスが出ていて、
新さっぽろ駅バスターミナルの南レーンのりばから、
大曲線に乗っておよそ20分の大曲末広3丁目停留所で下車して、
歩いて10分のところにあります。

くるるの杜はホクレンによって運営されていて、
消費者と生産者を結びふれあい体験をすることのできる場を目指しています。

施設としては体験農場や調理加工体験施設、農畜産物直売所、農村レストランがあります。

この「農村レストラン」で提供されているメニューは、
直売所から届けられた野菜や肉、加工品を材料としています

新鮮な素材の持ち味を活かし、素朴で温かな家庭料理が提供されています。
家庭料理ですからもちろん、手作りが基本です。

野菜に少し手を加えるだけで調味料にもこだわられていて、
素材が本来持っている味を楽しむことができるように調理されているのです。

農村レストランで使われている野菜にはあざやかな色合いや、珍しい形のものもあります。

気になる野菜があるときには質問すれば、
その種類や食べ方などについてもスタッフから教えてもらうことができます。

農村レストランの営業時間はランチで午前11時から午後3時30分、
ディナーは午後5時30分から午後9時までです。

ただしディナーは土曜日、日曜日、祝日だけの営業となっています。
当日の予約には、対応されていません。

↓【自然と温泉とおいしさと】 野菜バイキング -くるるの杜- (Vegetables buffet -Kururu no mori-)

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。