さっぽろオータムフェスト2014の会場が大きくなった?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

2008年から札幌の大通公園で開催されている「さっぽろオータムフェスト」は、
北海道においても最大級となっている食の祭典です

毎年開催を重ねるごとに、会場への来場者は増加を続けています。

2013年には過去最高となる164万人の来場者を記録していて、
飲食用のスペースが足りないといった声があがるまでになりました。

この状況に加えて、今年は大通公園西4丁目で工事が行われている影響もあって、
4丁目を会場として利用することができません。

そのため、今年から大通公園西1丁目と西10丁目、
西11丁目に会場が追加される運びとなりました

これによって飲食用のスペースが昨年より数百席も増えたほか、
西1丁目会場ではドイツのミュンヘン市で行われているビールの祭典にちなみ、
「さっぽろオクトーバーフェスト」が開催され、
ドイツビールやドイツの郷土料理を楽しむことができるようになりました。

新設される10丁目会場では「驚きと発見の祭典”Oh!ドーリファーム”」と題し、
北海道の第一次産業を活性化する目的で農産物の販売イベントが行われます。

11丁目会場の「さっぽろハピネステリア」では、
札幌市内で人気になっているフレンチやイタリアンのシェフたちが、
日替わりでお店の料理を紹介します。

また世界15ヶ国、100種類以上になるワインのほか、
人気参加店が考案するタパスを提供するコーナーも設けられ、
北海道の食材が活かされた世界各地の料理を味わうことができます。

↓さっぽろオータムフェスト2013

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。