さっぽろ雪まつりの見学におすすめの持ち物

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

さっぽろ雪まつりを見学する上で必要な持ち物といえば、やはり防寒グッズでしょう。

オーバーコートや手袋、帽子、マフラー、イヤーウォーマーといったものは、
欠かすことのできないアイテムです。

そのほかに凍結した路面で転倒しないために、冬用の靴も必要です。
遠くから札幌を訪れるという場合は、到着してから現地で調達することをおすすめします。

子どもを連れているという場合は、
スノーウェアのように防寒性のある子ども用のつなぎ服がおすすめです。

子どもにすべり台や雪遊びなどを体験させるというときには、
服についた雪が染みて風邪をひいてしまいますから、それを防ぐために必需品です。

また、靴の中に雪が入らないよう子ども用ズボンの裾と靴の間をカバーする、
「脚絆」というものがありますから、調達すると便利です。

脚絆を使っても雪遊びをすれば靴下は濡れますから、靴下は少し多めに持っておき、
濡れたときにはすぐに取り替えると良いでしょう。

大人は雪像見学がメインですからスノーウェアを着ている人は少ないものの、
つどーむ会場で雪遊びをするといったときにはウェアが必要ですから、
用意しておきましょう。

天気が良い日は、意外にも日焼け止めが重宝されます。
日光が雪で反射して、雪焼けすることもあるのです。

サングラスもあると便利ですし、帽子も雪焼け止めに役立ちます。

↓【パイロット版】染矢優が行く「さっぽろ雪まつり」@北海道札幌市 63rd Sapporo Snow Festival Report in Sapporo Hokkaido

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。