すすきのは日本3大歓楽街のひとつ

札幌観光するなら札幌観光ナビ

札幌観光の夜というと、よく知らない人でも
すすきの』という言葉が出てくるものです。

それだけの知名度があるすすきのは東京都新宿区の歌舞伎町、
福岡市の中洲とともに『日本3大歓楽街』にも数えられます。

東京から北では、もっとも規模の大きな歓楽街となっています。

実際に地名としてあるものではないのですが、札幌市営地下鉄や市電には
『すすきの駅』がありますし『すすきの交差点』、『薄野交番』などもあります。

 

エリアとしては『すすきの観光協会』によると
中央区南4条から南6条、西2丁目から西6丁目であるとされています。

歴史的にははじめから歓楽街として計画された地域であり、
北海道開拓使が1871年に遊廓地帯として指定したことがルーツとなっています。

歓楽街が建設されたことには、開拓のために働いている人々のモチベーションが失われて
札幌から去ることを防ぐという意図がありました。

戦前から戦後にかけても発展は続き、札幌オリンピックを機に
周辺で地下鉄やさっぽろ地下街が整備されたということもあり、アクセスも良くなります。

そして現在イトーヨーカドーすすきの店となっている場所に
1974年、松坂屋札幌店が開店した頃から、商業地区としての側面が強まりました。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。