すすきのラーメン横丁には『元祖』と『新』が?

札幌観光するなら札幌観光ナビ

すすきのにラーメン横丁があるということは、
札幌を観光に訪れている誰しもが知るところです。

札幌でも名所として知られていますが、実は別々の運営元によって
『元祖』、『新』というふたつのラーメン横丁があるのです。

『元祖』は正式名称を、『元祖さっぽろラーメン横丁』といいます。

そのルーツは1951年にまでさかのぼり、南5条西3丁目にかつてあった映画館の
『東宝公楽』のそばに8軒のラーメン店が並ぶ横丁ができて、
『公楽ラーメン名店街』が形成されたところから歴史がスタートしました。

札幌オリンピックの開催を前にした1969年に道路を拡張すべく、
公楽ラーメン名店街は取り壊されることとなり、
その後1971年になって元祖ラーメン横丁としてオープンしています。

札幌ラーメンが全国に広く知られることとなった発信源もであり、
全国的にもおなじみになった味噌ラーメンというラーメンが生まれた地でもあります。

一方の『新』は、正式名称を『さっぽろ名所新ラーメン横丁』といい、『もぐら横丁』という愛称もあります。

こちらは南4条西3丁目にあり、テレビ映像などでもよく紹介されるすすきのの交差点からほど近く、
すすきの交番の横にあって1976年にオープンしました。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。