エドウィン・ダン記念館で札幌の歴史を振り返る

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_00910

sm_00910

札幌市南区真駒内にある「エドウィン・ダン記念館」は、
過酷な環境の中で進められてきた札幌開拓の歴史について学ぶことができる施設です。

エドウィン・ダンは、明治期に北海道開拓使がアメリカから招いた指導者です。

畜産業の普及と発展に力を尽くし、
当時の日本にはほとんど根づいていなかった酪農や乳製品、食肉の加工技術を指導し、
北海道の広い大地を活かした農作業として、
西洋の大型農具による農作業技術などを伝えました。

記念館の建物は、真駒内に開拓史牧場が開かれたときの牧場事務所として、
1880年に建てられたものが保存、移築されているものです。

展示室では著名な洋画家である一木万寿三さんの描いた23点の油絵と解説で、
エドウィン・ダンの史実について紹介されています。

そのほかにも種畜場の模型やゆかりの遺品などが展示されていて、
功績を知ることができるようになっています。

記念館の東側には記念公園があって胸像が設置されているほか、
公園の中央には真駒内用水が流れ、ひょうたん池につながっています。

散策にはちょうど良い場所であり、公園の南には遊具を置いた遊戯広場もありますから、
子ども連れにも良い遊び場になっています。

記念館の入場料は無料ですが、10月末日までは水曜日が休館日になっていて、
11月から3月いっぱいまでは月曜日から木曜日は休館となっています。

↓エドウィンダン記念公園.wmv

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。