オーロラプラザ(さっぽろ地下街)

札幌観光するなら札幌観光ナビ

さっぽろ地下街は1971年にオープンし、東西に広がるオーロラタウンは
『光と色彩に富んだプロムナード』をイメージさせるものとして
ネーミングがなされました。

それを象徴するように、開業したばかりの頃には
中心部分に人工の小川が流れていて、『オーロラの滝』も設置されていました。

これが特徴のひとつとなっていてポールタウンとの区別がつきやすい
というところもあったのですが、諸問題から小川は1980年に撤去されています。

ただ、その流れを汲んでいるスペースが、『オーロラプラザ』です。

滝が流れ出ていて安らぐことのできる空間になっています。
また、30分ごとには光による演出が目を楽しませます。

まだ携帯電話が普及していなかった時代から、
札幌っ子の待ち合わせ場所の定番のひとつにもなっていました。

ちょうど向かいにはCDショップの玉光堂もあるため、
早く着きすぎたときには音楽の試聴などしながら時間を待っていたといった方も少なくありません。

そしてなぜか、滝の落ちているところに小銭を投げるという現象も見られます。

 

このところは毎年9月のはじめには
『だい・どん・でん!さっぽろパフォーマンスカーニバル』の会場となっていて、
さまざまな大道芸を楽しむことができるほか、
初夏の音楽祭である『PMF』とのコラボで
『PMF×さっぽろ地下街 オーロラプラザコンサート』なども行われています。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。