サッポロファクトリーに上陸した「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 at ユメミル☆ひろば」

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

チームラボ株式会社が世界ではじめての企画展として、
発表してきたデジタルアート作品と、
遊園地を一緒に体験することができるというコンセプトで、
チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 at ユメミル☆ひろば」を開催しています。

福岡、マレーシア、東京、埼玉に続き札幌でも、
2014年12月6日から2015年1月18日を期間として、
中央区北2条東4丁目のサッポロファクトリー1条館が会場になって行われています

3階に特設会場が設けられ、午前10時から午後6時までが開催時間となっています。

展示されている作品は「お絵かき水族館」、「光のボールでオーケストラ」、
「天才ケンケンパ」、「まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり」、
「つながる!積み木列車」、「小人が住まうテーブル」という6つです。

たとえば「お絵かき水族館」はスキャナーで絵として描かれた魚などを読み込み、
プロジェクターによって映している水槽を泳いでいるように見せるものです。

「光のボールでオーケストラ」は転がすことで音が鳴って色も変わるゴムボールで、
遊ぶことができる施設であり、子どもたちから人気になっています。

入場券については大人1人と子ども1人の親子ペア券が1,400円で販売されているほか、
中学生以上で1,200円、3歳から小学生までの子どもが700円となっています。

↓ふなっしー イチオシモーニング 11/29

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。