サンピアザ水族館が水槽改修工事で変身!

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_00818

sm_00818

市営地下鉄東西線、またJR千歳線の新札幌駅からもほど近くにあるサンピアザ水族館は、
札幌市内にある唯一の水族館
です。

その1階部分でもっとも大きな水槽である「回遊水槽」には、
およそ2,000匹にもなる魚が泳いでいます。

日曜日や祝日には「餌付けショー」も行われる人気のコーナーですが、
2ヶ月間にわたって改修工事が実施されていました。

その工事も済み、2013年3月23日にリニューアルオープンされています。

大規模な水槽改修工事は、実に30年ぶりに水を完全になくした状態で行われました。

水槽内には擬岩やライトが取り付けられて、
プールのような水槽が海の中であるかのように見えるような工夫がなされています。

本物の砂やコケなども使用されていて、
海の中で魚が暮らす様子が忠実に再現されるようこだわられています。

そのほか、1階のスペースでは地元である北海道の海から南の海の魚までを、
一気に鑑賞することができます。

また、2階のスペースでは海獣類の展示も行われています。

カワウソやゴマフアザラシ、イシダイのサーカスパフォーマンス、
ペンギンの館内散歩案内ツアーなどといったように、魅力的な展示がたくさんあります。

規模は小さく限られたスペースではありますが、多くの魚や海獣が展示されています。

↓「魚のサーカスショー」 in サンピアザ水族館

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。