シェラトンホテル札幌のエコキャップツリー

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市厚別区にある「シェラトンホテル札幌」では毎年クリスマス前の時期になると、
ロビーの中央に「エコキャップツリー」
というものが設置されています。

これは透明なアクリル製のツリーの中に、
カラフルなペットボトルのキャップが入れられて作られているものであり、
高さが3メートルにもなるクリスマスツリーです。

今年はまた、ロビーにおよそ200枚のクッキーを貼り付けた「お菓子の家」である、
「ジンジャーハウス」
も登場します。

その大きさは横が3メートル、縦が2メートルにもなる巨大なものです。

このジンジャーハウスの一角に「エコキャップBOX」が設けられ、
ホテルに来たお客さんや地域の人でも自由に、
ペットボトルキャップを投入することができるようになっています。

集められたボトルキャップについては、
世界の子どもたちが救われるポリオワクチンを購入するために役立てられています。

また、ボトルキャップを焼却するためのCO2を削減することができますから、
環境問題への配慮という意義付けもあり、環境保護にも役立っています。

ボトルキャップは2013年11月1日から12月25日まで、毎日24時間受け付けられています。

シェラトンホテル札幌では毎年これらの「エコキャップツリー運動」によって、
100人分以上のポリオワクチンに相当するボトルキャップを集めています。

↓[公式] シェラトンホテル札幌 / Sheraton Sapporo Hotel

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。