モエレ沼公園に行くならパープルロードも!

札幌観光するなら札幌観光ナビ
8692244204_8dfe60a448

8692244204_8dfe60a448

札幌の中心部や郊外から車でモエレ沼公園に行くのであれば、
北海道道112号札幌当別線」を通ることになります。

この道路のうち札幌市内の北区や東区部分については、
地元で通称を「伏古拓北通」と呼んでいます。

この伏古拓北通の札幌市東区丘珠町から東区中沼町付近では、
中央分離帯にラベンダーやフジの木、ライラック、ツツジなどといった、
紫色の花が植えられています。

そのことから、「パープルロード」と呼ばれて地元で親しまれています。
特に環状通から中野街道付近にかけて、400本以上になるフジの木は見ごたえがあります。

毎年、6月頃がフジのベストシーズンとなっています。

ゴールデンウィークを迎えたモエレ沼公園ではいよいよ、
海の噴水」の運転も開始されています。

噴水を使った芸術的プログラムが見どころであり、15分のショートプログラムが1日2回、
40分のフルプログラムが1回行われています。

ビッグウェーブやフォッグなどといったように、噴水を使って「海」が表現されています。

そのほか5月は土曜日や日曜日と祝日だけですが、夏季には毎日18時30分からも、
ライトも使った夜のプログラムも行われています。

ライトアップされた噴水のショーは、大変幻想的です。

ただし、2013年5月20日から2013年6月18日にかけては、
メンテナンスのために運転が中止されます。

↓札幌 モエレ沼公園 噴水

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。