中島公園の散歩ついでに「こぐま座」で一息

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_00453

sm_00453

中島公園内にある「こぐま座」は、1976年から続く歴史のある人形劇専門の劇場です。
公立の人形劇専門劇場としては、日本ではじめて建てられたものでもあります。

札幌市内で活躍するアマチュアを中心としたグループによって土曜日や日曜日、
祝日を中心として公演が行われています。

人形劇をはじめとして腹話術や紙芝居などの公演も行われていて、
たくさんの子どもたちがこぐま座での公演を楽しんでいます。

劇が行われるホールには、90人を収容することができます。

玄関に入ると、こぐま座がプロデュースした人形劇で使われた人形たちが展示されていて、
同じく廊下にもたくさんの人形が飾られています。

ホールにある階段状の客席にはかわいらしい座布団が置かれていて、
本格的な照明や音響設備も設置されています。

人形あそびコーナー」では自分で人形を動かすほか、
ミニシアターのようになっていて人形劇を体験することのできるコーナーもあり、
子どもたちから人気になっています。

また、建物は中島児童会館につながっています。

中島児童会館には舞台セットや人形、小道具を制作する「工作室」があるほか、
人形劇の稽古や打ち合わせに使われる「オープンルーム」もあり、体育館もあります。

今の季節は中島公園も紅葉が間近であり、木々も色づき始めていて、
散歩にはちょうど良い季節です。

公園を散策がてら、こぐま座にも立ち寄ってみましょう。
幸運にも公演を見ることができれば、忘れられない札幌観光の思い出にもなります。

↓人形劇を見においでよ

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。