二条市場の歴史

札幌観光するなら札幌観光ナビ

北海道外から来た観光客の方も多く訪れる二条市場は、
札幌が現在の姿になるずっと前から形づくられてきたといわれています。

明治時代に入ってすぐの頃に、石狩で漁をしていた漁師さんたちが
石狩川を上がって札幌へとやって来て、自らが釣った魚介類を
販売し始めたことからその歴史が始まったとされています。

これが『二条魚町』と呼ばれるようになりました。

いったんは火事のために焼失してしまったものの再び魚市場が建設され、
20世紀に入って間もなくには現在のような市場として形になってきています。

そこで商店の並ぶエリアが、南3条東1丁目から東2丁目にまで広がっていきました。

戦前までは魚屋が中心でしたが、戦後になると乾物、総菜を扱う店舗が多くなってきて、
中通りのエリアが多様な食品を扱う商店群として『新二条市場』と呼ばれるようになっています。

その後は立地がさっぽろテレビ塔や大通公園からもほど近いといったこともあり、
観光市場といった色合いも強まってきています。

北海道ならではの特産物を見つけやすいことからむしろ観光客の方々に人気があり、
観光向けになりすぎたということで逆に地元の人々は
なかなか足が向かないといった傾向も現状では見られています。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。