元日から見られる札幌の雪深い観光スポット

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

雪が降らない地域から訪れる観光客の中には、
冬の札幌旅行で思う存分雪に親しんでみたいと考えている人も少なくありません。

札幌には、年末年始も営業していて雪に親しむことのできるスポットがあります。

おすすめは羊ヶ丘展望台であり、この時期は一面が雪原になっています。
年中無休で営業していますから、大晦日も元日も入場することは可能です。

また、国営滝野すずらん丘陵公園では200メートルを一気に滑り降りるチューブそり、
初心者向けのスキーゲレンデ、
スノーシューで雪原を歩くなどといったアクティビティを楽しむことのできる、
「スノーワールド」が行われています。

日本の滝百選に選ばれている「アシリベツの滝」が凍る「氷爆」を鑑賞し、
歩くスキーで園内を散策することもできます。

年末年始も無休ですから、雪遊びをしてみたいという人には絶好のスポットです。

さらに札幌中心部からほど近いサッポロテイネや藻岩山スキー場でも例年、
元日営業が行われていて、餅まきや甘酒の配布などといったように、
お正月だけのサービスもあります。

冬の屋外で雪遊びをした後、冷えた身体を温めるには温泉がいちばんです。

中央区南7条西3丁目というすすきのの中心に位置するジャスマックプラザの「湯香郷」は、
札幌の中心街にある天然温泉です。

年末年始も関係なく午前1時まで毎日営業していますから、
「ジャスマックプラザホテル」に宿泊している人を含めて、
誰でもゆっくりと温泉を楽しむことができます。

↓札幌 滝野すずらん丘陵公園(アシリベツ滝氷瀑)

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。