冬の札幌で車が埋まってしまったらどうする?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌では冬になると駐車場や住宅街などで、
車のタイヤが雪に埋まってしまい動くことができなくなる
といった光景が、
しばしば見受けられます。

観光で来たときにこのような状況になるとパニックになってしまいますが、
このような場合はあわてずに、まずは一度バックして脱出を試みてみましょう。

タイヤがスリップしている場合には砂を撒く、毛布やジャッキなどをかませるなどすると、
うまく脱出することができる場合もあります。

周囲の人にお願いして、車を押してもらうという手もあります。

札幌の人たちは大体一度は同じ経験をしたことがありますから、
アドバイスをくれて助けてくれる人も多くいます。

ただ、タイヤが空転して動かないという場合ですと、
やみくもに繰り返しているとさらにタイヤで雪を深く掘ってしまう可能性があります。

こういったときには、JAFなどのプロに助けを求めることが確実です。

また、悪天候や大雪の中で吹き溜まりに突っ込んでしまうといったように、
車全体が埋まってしまった場合
の状況はさらに深刻です。

車が動かなくなったからといって、エンジンをかけたままで車の中に長くいると、
マフラーが埋まっていることで排ガスが充満してしまい、
一酸化炭素中毒で亡くなってしまったという人もいます。

このような場合にはまずエンジンを切り、
ロードサービスや道路緊急ダイヤルを使って助けを求めましょう。

吹雪で見通しが悪い場合には、
ハザートランプや停止表示板を使って車が目立つようにすることも重要です。

↓札幌市内 雪道を走る車

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。