前田森林公園はサンクガーデンだけじゃない!

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_00550

sm_00550

札幌市手稲区の前田森林公園にあるサンクガーデンは、
西洋のお城のような展望ラウンジやポプラの木が立ち並ぶ全長600mの巨大なカナルなど、
その壮大な公園デザインが見事なものになっています。

6月上旬には、展望ラウンジから羽のように広がる藤棚の藤が満開になり、
一面が紫色に染まっている圧巻の光景を目にすることもできます。

実は前田森林公園は札幌の街を森や山、人工の丘陵地で取り囲もうという、
札幌市の「環状夢のグリーンベルト構想」にもとづき、
何もないところから「森林」をつくり出したという公園です。

公園の敷地は半分以上が「ふるさとの森」、「つどいの森」、
「野鳥の森」などといった森林になっています。

春は桜、秋は紅葉などといったように、
年間を通じて樹木や森林の美しさを身近に感じることができます。

そのほか、パークゴルフ場やバーベキューを楽しむための広場もあります。
おすすめは、やはりその森林を取り巻く自然を楽しむことです。

春は野鳥の森のチシマザクラやソメイヨシノ、エゾヤマザクラなどといった桜が美しく、
一帯で見られるライラックやアジサイ、ラベンダーも見ごたえがあります。

パークゴルフ場のフェンスにはクレマチスが蔓状に伸びていて、一見の価値があります。

秋になるとカナル沿いに色づいたポプラ並木などがさらなる異国情緒を生み出し、
樹木の紅葉のほかナナカマドやヒメリンゴの赤色も印象的です。

↓桜咲く前田森林公園、近くには雪残る手稲山

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。