創成川がビアガーデンのニュースポットに!

札幌観光するなら札幌観光ナビ

札幌の夏といえば、『さっぽろ夏まつり』のイベントの一環として行われている
『さっぽろ大通ビアガーデン』が風物詩になっています。

近年はビアガーデンを開催しているスポットも多くなってきているなか、
2011年にオープンした創成川公園においても、中央区南3条西1丁目にある
『狸二条広場』のスペースが、さっぽろ夏まつりの協賛行事というかたちで
『狸二条市場ビアガーデン』になっています。

主催しているのは地ビールブランドの『小樽ビール』であり、
開催期間も夏まつりの期間に準じていますが、
開催時間は平日が夕方の4時から午後9時となっていて、大通公園よりは遅めです。

土曜日と日曜日は、午後0時から午後9時となっています。

 

7月の下旬から8月の中旬にかけての時期となりますから、
観光で訪れている方も少し涼しく過ごすことのできるタイミングで札幌の夏の夕刻を楽しむことができます。

席数はおよそ700席が用意されていて、あらかじめの予約も可能となっています。

また、毎日の先着50人までについては、
2,200円でビールが飲み放題となるフリードリンクプランも用意されています。

ピルスナー、ドンケル、ヴァイス、シュヴァルツ、チェリービール、ヴァルトマイスターといった
ビールに加え、二条市場の素材を使用したいか焼きやほっきの開き、ししゃも揚げなども味わうことができます。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。