北を感じる「スターバックス コーヒー イースト2階店」

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

アメリカはシアトルで生まれたスターバックスコーヒーは、
日本においてももはや、ほとんどの都道府県や都市に店舗を出店しています。

どこでも「スタバ」でおなじみの味を楽しむことができる中、
北海道が感じられるスターバックスといえば、
2013年9月30日にオープンした「スターバックスコーヒー イースト2階店」
でしょう。

JRタワー札幌の複合施設である「ステラプレイス」の2階にあり、
周辺にあるパセオ店やステラプレイス店と差別化をはかるため、
店内のすべてが北海道にこだわったつくりとなっているのです。

店内の一部には道南スギなどの木材が使われていて、
北広島市のガラス作家であるクスモトスケヒロさんが手がけた照明を採用しているほか、
レンガやウッド調を中心として温かみがありくつろぐことのできる空間になっています。

ソファ席やクッション付きベンチなどといった7タイプの席があり、
「北海道のもう一つの我が家」を実感することができるというコンセプトになっています。

また図書コーナーもあり図鑑や絵本、フォトブックなどといった17冊が用意されています。

これらは札幌のクリエーティブディレクターであるKENさんがセレクトしたものであり、
テーマは「北海道」、「雪」、「家族」、「コーヒー」などとなっています。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。