北海道開拓の村でしめ縄づくり

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市厚別区にある「北海道開拓の村」では2013年12月4日から19日までの期間中、
入場口の「体験ひろば」において1日2回、「しめ縄作り」
が行われます。

玄関用の「玉じめ」に加えて神棚用の「ごぼうじめ」や「宝船」などを作りますが、
宝船についてはしめ縄作りを経験したことがある人が対象とされています。

午前10時15分から午前の部、午後1時から午後の部が行われ、
各回とも定員は10人であって参加料は無料ですが、予約する必要はあります。

また、北海道開拓の村の入場料は別途かかります。

所要時間はおよそ90分であり、まったくの初心者であっても稲わらを使って玉じめ、
ごぼうじめといったように本格的なしめ縄を完成
させることができます。

宝船については4時間ほどの所要時間がかかりますから午前の部だけになっていて、
かなり高度な技にも挑戦することが可能です。

この体験ひろばでは体験学習として縄文土器を作る体験、アイヌ文様のしおりを作る体験、
着物の着付け体験、羊毛織物の体験などが設備として常設されています。

しめ縄作りは、この時期だけという期間限定の体験企画です。
観光ついでに今だけの体験をしてみたいという人には、予約をおすすめします。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。