大通公園のコンクール花壇

札幌観光するなら札幌観光ナビ

大通公園

大通公園には、さまざまな趣向を凝らしている花壇が
あちらこちらに見受けられます。

これらの花壇に関して、毎年『花壇コンクール』が開催されています。

1954年に札幌市花壇推進組合が結成されて以来、毎年行われているものです。

花壇コンクールは普段からある花壇について審査するというものではなく、
毎年7月上旬に西2丁目から西7丁目にかけて
札幌市花壇推進組合の組合員によって造成される
『コンクール花壇』が審査対象となります。

審査員としては官公庁や市議会、市民団体、学術関連団体、
学識経験者といったところから10人が代表として選ばれます。

採点は100点満点でありデザイン、
材料のそれぞれについて50点ずつで行われます。

デザインについては全体の調和や配色、花苗の使い方などといった項目について見られ、
材料については生育状況や花と葉の調和、緑取りなどについて見られます。

その結果、上位から市長賞として3社、市議会議長賞として1社、
組合長賞として3社、札幌市都市緑化基金賞として3社、努力賞として5社が選ばれます。

そのほかユニークな発想が光る花壇は、アイデア賞として選定されます。

期間中には投票箱も置かれていて、
花壇を目にした方が票を投じることができるようになっています。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。