大通公園のバリアフリー対応

札幌観光するなら札幌観光ナビ

ユニバーサルトイレ (財)札幌市公園緑化協会

大通公園のバリアフリー対応については、
利用者が増えるにともなって
当然に整備が進められてきました。

多目的に使用することのできるユニバーサルトイレについては
3丁目、5丁目、7丁目、9丁目、11丁目にそれぞれ設置されています。

 

車椅子のまま介助をする方も
一緒に入ることができるようにはなっていますが、
スペースとして、車椅子を回転させることまでは
不自由のある広さとなっています。

入り口は引き戸になっていて
補助用の手すり、車椅子用に低い洗面台、
非常用の呼び鈴も備えられています。

乳児用の小型ベッドもありますから、
赤ちゃんを連れたお母さんなども
利用することができます。

また、車椅子に対応する水飲み場は、
それぞれの丁目にあります。

車で大通公園を訪れるという場合には、
札幌地下駐車場に4台分の
障害者駐車場のスペースがあります。

利用することができる時間帯は、
午前8時から午後10時までとなっています。

地下から大通公園までは、
車椅子対応のエレベーターが設置されていますから、
移動に苦労はありません。

介助犬や盲導犬、聴導犬が同伴することにも問題はありません。

札幌テレビ塔などの施設についても、
車椅子のままで利用することができます。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。