定山渓ぶらり手形をどう使う?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
tegata2013

tegata2013

定山渓ぶらり手形」は2013年5月31日までの期間限定で発売されていて、
4枚のシールがついている手形です。

大人が1,600円、こどもが800円となっていて定山渓温泉街内で宿泊や食事、
アクティビティを利用するときに使うものです。

4枚をどのように使うかは、個人次第です。
かなりお得に、買い物やアクティビティを楽しむことができます。

定山渓温泉街内にある多くのお店で利用することはできるのですが、
好きなものを4つ選ぶことが難しい観光客の人におすすめのスポットとしては、
まず「八剣山ワイナリー」が挙げられます。

買い物をするほか、ワイナリーを見学することもできます。

ブドウ畑での農作業や仕込みなどといったように、
ワインづくりを体験することのできるプログラムがあるほか、
乗馬やパークゴルフも楽しむことができます。

また、ラフティングであれば、「Blue marble」で体験することができます。
野鳥や野生動物の生態を見ながら、カヌーの上で四季の自然を満喫することができます。

八剣山では、西部劇のワンシーンのような光景の「ワイルドムスタングス」で、
乗馬体験をすることも可能です。

動物と触れ合うことのできるる体験型動物園である、
ノースサファリサッポロ」もおすすめです。

手形はお土産にも使うことができ、「定山渓温泉たまねぎすうぷ」などがおすすめです。

希少なたまねぎである「札幌黄たまねぎ」を使った粉末スープであり、
定山渓でしか買うことはできません。

↓八剣山ワイナリー見学

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。