定山渓温泉渓流鯉のぼりは圧巻!

札幌観光するなら札幌観光ナビ
こいのぼり

こいのぼり

毎年定山渓温泉街では、こどもの日前後に4月下旬からのおよそ1ヶ月間にわたって、
定山渓温泉渓流鯉のぼり」が行われています。

「定山渓ホテル」から「定山渓観光ホテル山渓苑」までの間のおよそ100メートル、
「ホテル鹿の湯」から「章月グランドホテル」までの間のおよそ90メートルにわたり、
豊平川に鯉のぼりを掲揚するものです。

豊平川の上空に、色もさまざまな350匹の鯉のぼりが一斉に舞う様子は、
迫力も満点で圧巻です。

揚げられている鯉のぼりは、市民への提供の呼びかけによって集められたものです。
元々は家庭や職場で使われていたものが、長らく眠っていたものでした。

近年は住宅事情も関係して鯉のぼりを揚げることのできる場所が少なくなったこともあり、
はじめて行われた1987年には150匹だったものが、年々応募も増えてきています。

眺めとしては月見橋、定山源泉公園の近くからが特におすすめです。
観光客の方々も、風景を写真に残そうとしてカメラを構えています。

2013年の「第27回定山渓温泉渓流鯉のぼり」は、
2013年4月20日から2013年5月19日まで開催されます。

定山渓温泉へ向かうには、地下鉄南北線の真駒内駅からタクシーでおよそ30分、
じょうてつバスの「定山渓温泉行き」に乗車しておよそ50分という所要時間がかかります。

札幌市内中心部からであれば、札幌駅前バスターミナルの12番のりばから、
じょうてつバスの「定山渓温泉行き」でおよそ1時間15分をかけて到着します。

そのほか、予約制の直行バスである「かっぱライナー号」などもあります。

↓【まるとくTV】第26回定山渓温泉渓流鯉のぼり

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。