寒い「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」の会場であたたまるためのおすすめ情報

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

「第12回ミュンヘンクリスマス市in Sapporo」が現在、大通公園で開催されています。

ロマンチックで楽しいこのイベントは、地元の人たちから観光客まで大人気ですが、
真冬に屋外で行われているため、とにかく「寒い」という問題があります。

そこで、少しでもあたたまりながら、ミュンヘンクリスマス市を楽しみたいところです。
まず、当然のことながら、あたたかい服装で訪れることが重要です。

イヤーウォーマーや手袋は、必携でしょう。

大通公園2丁目会場にあり、すべての商品がドイツから直輸入されている、
「バイリッシェ・シュマンカル」というお店では、「グリューワイン」が人気です。

寒い屋外で飲んでも、しっかり全身が温まります。

また、「ヴァイス・ストラッセン・カフェ」というお店でも、
直輸入された4種のホットワインが取り扱われています。

さらに、「マーカスのクリスマスカフェ」で提供されている「熱々ビーフシチュー」も、
寒い日には特におすすめです。

札幌で暮らすドイツ人シェフであるマーカス・ボスさんが、
北海道の食材とドイツ料理を取り合わせて作る料理は知る人ぞ知る札幌名物であり、
現在は東京の六本木ヒルズで行われている「クリスマスマーケット」にも、
同時出店されています。

どうしても屋外が寒くなってしまったというときには、
札幌駅前通地下歩行空間である「チ・カ・ホ」のサテライト会場へ行ってみましょう。

暖房の効いた空間で、
クリスマスの写真展やオリジナルグッズショップなどをめぐることができます。

↓さっぽろホワイトイルミネーション+ミュンヘン・クリスマス市 2013 @北海道札幌市 white illumination & christmas event in Sapporo,

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。