新倉屋(さっぽろテレビ塔)

札幌観光するなら札幌観光ナビ

さっぽろテレビ塔で和風スイーツが恋しくなったときには、
地下1階の『テレ地下グルメコート』にある『札幌新倉屋』で決まりです。

元々は小樽市で創業から100年を超える老舗である
『小樽新倉屋』からのれん分けをされた和菓子店であり、
1960年に創業しました。

狸小路に本店があります。

小樽で名物になっている『花園だんご』はもちろん、
さまざまなメニューがそろっています。

花園だんごは小樽においても代表的な銘菓であり黒あん、
白あん、抹茶あん、胡麻、正油という5種類がそれぞれ84円で販売されています。

中でもあんの風味や胡麻のおいしさが、
絶品のものであるとして好評になっています。

弧が描かれた流線形になっている独特のあんの付け方である『山型一刀流』は、
小樽新倉屋の二代目である新倉慎太郎さんによって考案されたものです。

取り扱われている和菓子は伝統が大切にされているものばかりであり、
懐かしさを感じることもできるはずです。
そのほか、豆大福やよもぎ大福も人気があります。

製品の原材料については、北海道産の素材にこだわられています。
なお、さっぽろ雪まつりの期間内など限られた時期にだけに
販売されている『テレビ父さんどらやき』も、新倉屋で手がけているものです。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。