新年とともに「第54回雪印メグミルク杯」でスキージャンプ大会も本番!

札幌観光するなら札幌観光ナビ

冬休みを札幌で過ごしている観光客の方には、
新年早々めじろおしとなっているスキージャンプ大会の観覧もおすすめです。

2013年は1月5日に、宮の森ジャンプ競技場ノーマルヒルで開催される、
第54回雪印メグミルク杯 全日本ジャンプ大会」がそのスタートとなります。

ジャンプ競技全体でも2013年の幕開けを告げる競技会であり、
シーズンが本格的にスタートするということで冬の風物詩にもなっています。

注目されている女子組やジュニア組、少年組の競技も行われます。

成年組を加えたその参加範囲は、競技会でも唯一となる広さですから、
せっかくジャンプを見に行くというのであれば、絶好の機会でもあります。

実力のある選手たちの雄姿を目の当たりにすることができるのはもちろんですが、
そのほかにもさまざまなアトラクションが用意されています。

「チーム雪印メグミルク」に所属している伊東大貴選手、
栃本翔平選手ら有力選手の面々も、
ホスト選手としてポストカードを配布する「ファン交流会」に参加するなどしてくれます。

ボードに記された清水礼留飛選手、
高梨沙羅選手による垂直飛びの記録に挑戦するという企画もあります。

また、会場を訪れた先着1,000人の方には、
協賛である雪印メグミルク社の試食品が提供されます。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。