本願寺 札幌別院で除夜の鐘体験!

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌には、1年がまさに過ぎ行く大晦日の夜に、
除夜の鐘を自らつくという体験をすることのできる場所があります。

このうち『本願寺 札幌別院』は、札幌市内でも中心部にあるお寺です。

付近には北海道立近代美術館などもあり、
中心部の喧騒からほど近い立地となっていながら、
一帯は落ち着いた雰囲気のある区画となっています。

除夜の鐘というと『108つ』であることが通例であるのですが、
ここには毎年およそ700人にもなる方が、鐘をつきに訪れています。

実は、人間の煩悩の数である108回をつくことに意義があるというお寺があることは、
あくまでも特定の宗派などに限られているのです。

本願寺 札幌別院では、鐘をつきたいとしてやって来た方は誰でも、
鐘をつくことができます。

大体、年が明けて午前1時30分頃までに到着すれば、対応してもらうことができます。

大晦日の午後11時10分からは『除夜会』が実施されていて、
参加した先着500人の方には年越しそばもふるまわれます。

境内でも甘酒などがふるまわれていて、温まることができます。

実はこのお寺、本堂を使ってクラブイベントを開催していることもあるというように、
地域にも多くの人々に向けても「開かれたお寺」となっています。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。