札幌おもてなし委員会の活動

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

「札幌おもてなし委員会」とは、北海道洞爺湖サミットを契機として、
官民の共同組織として設立された組織
です。

札幌の「ファン」を増やしていくための街づくりを行うことが目的であり、
サミットが終了した後もなお、札幌にやって来る旅行者へのおもてなしについて、
取り組みを続けています。

おもな活動としては外国人来訪者のために手作りの折り紙を作る、
また札幌で行われる「さっぽろ雪まつり」などのイベントに際して、
宿泊施設や観光案内所ボランティアの人たちに説明会を開催することで、
札幌の魅力をどのように伝えるかというレクチャーをする
などしています。

委員会では定期的に勉強会を開いていて、
札幌に来る外国人へのおもてなしについて構成メンバーで意見を交換しています。

構成員は札幌市、札幌商工会議所、札幌観光協会や各地の観光協会、旅行業社、
札幌市内のホテル、タクシー会社、札幌市内の商店街の振興会、百貨店、
観光ボランティアなどに所属する人たちです。

オブザーバーとして、北海道や運輸局なども関係しています。

そういった理由から「札幌おもてなし委員会」としてもコンベンション開催のサポート、
観光案内、飲食やショッピング情報の発信、交通機関や宿泊情報の提供、
まちづくりに関する取り組みを広く行っています。

↓いいべさ北海道 第1回

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。