札幌から出かける第36回千歳・支笏湖氷濤まつり

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

「第36回 千歳・支笏湖氷濤まつり」が2014年1月24日から2月16日までという期間で、
北海道千歳市の支笏湖温泉
において行われます。

支笏湖の湖水をスプリンクラーで吹きつけて凍らせた氷のオブジェは、
日中は「支笏湖ブルー」といわれる青色に輝き、
夜は色とりどりのライトに照らされて幻想的な演出がなされます。

期間中は花火大会や氷濤ウェディングなどといったイベントが行われるほか、
オリジナルの「氷濤飴」も人気です。

また、会場の近くにある温泉にも、身体を温めるために多くの人が立ち寄ります。

札幌から千歳・支笏湖氷濤まつりに行くのであれば、
JR札幌駅北口から運行されているシャトルバスである、
「名湯ライナー」
を利用すると便利です。

毎日1便が、札幌駅北口から丸駒温泉の間を往復しています。

「丸駒温泉旅館」、「レイクサイドヴィラ翠明閣」、「休暇村支笏湖」など、
指定されている6つの宿泊施設でいずれかに宿泊すれば、
無料で名湯ライナーを利用することができます。

観光に来て、雪道運転に慣れていないという人でも安心です。
往路は毎日午後1時30分に札幌駅を出発し、午後3時30分頃に温泉街へ到着します。

また、復路は午前10時頃に宿泊先を出発し、
午後12時に札幌駅へ戻ってくるスケジュールとなっています。

座席は予約制であり、宿泊先で前日の午後8時までに申し込むようになっています。

↓千歳 支笏湖 氷濤まつり2013

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。