札幌でも5月になればテラスで一休み?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_01711

sm_01711

札幌は全国的に見て、テラスを設置している飲食店が比較的少ないといわれています。

それは、やはり冬になると積雪があるという事情、
また札幌では9月になる頃には屋外がかなり涼しくなってくることも多く、
テラスが活躍する時期は限られているということと関係しています。

しかしながら、夏に限っていえば、
札幌ほどテラスで過ごすことがおすすめである都市は、そうはありません。

梅雨がありませんから特に5月から6月にかけてはさわやかな日が多いほか、
真夏の暑さもほかの地域に比べれば穏やかであり、湿気も少なく風も心地良いものです。

春や夏に札幌を観光に訪れるのであれば、テラスでの飲食をおすすめします。

大通公園に面したホテルである「トリニティ札幌」の1階にある、
カジュアルイタリアンのお店である「イル・キャンティ」は、
価格が魅力になっているリーズナブルなレストランです。

地下鉄の大通駅1番出口から歩いて1分というアクセスも便利であり、観光客にも人気です。

また、JR札幌駅の北口にある「EST EST EST」も、
テラスが人気になっているレストランです。

昼にはお得なイタリアンランチ、夜にはビールや本格イタリアンも人気です。

ビッセスイーツ」は、
北海道内にある6つの有名菓子店が集まっている複合カフェというコンセプトで、
人気を博しています。

大通公園のすぐそばにあるという便利さ、
道内の銘菓を楽しむことができるということもあり、旅行者でにぎわっています。

札幌駅前通に面している22席のオープンテラスはイベント帰りの一休み、
小休憩のおやつタイムなどといったように、利用価値が高いロケーションです。

↓札幌きのとや スイーツ食べ放題 バイキング 大通ビッセ

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。