札幌で初詣に行くなら?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌で年を越すならば札幌地元の神社へ初詣に出かけ、
札幌らしいお正月を過ごすこともおすすめです。

札幌でもっとも多くの参拝客が訪れているのは中央区にある北海道神宮であり、
北海道の開拓と発展の守護神として「大国魂神」、「大那牟遅神」、
「少彦名神」という三神と明治天皇を加え、四柱の神様が祀られています。

北海道神宮に200台分の駐車場はあるのですが、大変多くの参拝客が集まるため、
三が日についてはこの駐車場も満車になってしまいます。

なるべくは、公共交通機関で出かけるようにしましょう。

また、中央区の中島公園内にある弥彦(伊夜日子)神社は、縁結びで有名な神社です。
由緒ある越後の国の神と、「天神様」こと菅原道真公が祀られています。

多くの神前結婚式が行われているということで、
縁結びの神様として知られるようになりました。

中島公園内を歩きますから、雪道や寒さへの備えとともに参拝することをおすすめします。
そのほか商売繁盛のご利益があるということで知られているのは、南区の石山神社です。

札幌軟石の産地である石山一帯に全国から加工の職人が入植し、
それぞれの職業守護の神を信奉したことから、
商売繁盛や家内安全にご利益があるとされています。

郊外にありますから、車を運転する場合は路面の凍結に注意するほか、
天候にも気をつけましょう。

↓New Year 2012 in Sapporo Japan

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。