札幌で履く「冬靴」はどんなもの?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌の雪道をスニーカーや革靴で歩くことは、大変危険です。
またハイヒールやパンプスも不安定である上、防寒がなされていないため適していません。

札幌では、雪や氷の路面を歩く上で適した「冬靴」が、靴屋さんなどで販売されています。

冬靴とは一般的に靴底が滑りにくくされていて防滑性に優れているもの、
水に濡れてもしみこまない撥水性のもの、
靴の中が温かく防寒性に考慮されているものをいいます。

防滑性の靴にも種類がありピンや金具が靴底に施されているもの、
靴底に深い溝があるもの、やわらかいゴム底になっているもの、
滑り止め材が混じった靴底などがあります。

ただし、ピンや金具が施されたものは屋内で滑りやすいため、
地元では敬遠している人も少なくありません。

靴底に深い溝がある靴も、
冬靴としてではなくトレッキングシューズなどとして作られたものですと、
溝が深いだけで靴底は硬いため、むしろ滑りやすい場合もあり注意が必要です。

北海道の冬がはじめてという観光客の人におすすめしたいことは、
札幌に到着して靴屋さんで店員さんからアドバイスを受けながら、
冬靴を購入すること
です。

靴底だけではなく、おしゃれなものやデザイン性に優れた冬靴も多く扱われています。

品ぞろえが豊富なお店であれば、希望に合った冬靴を多くの中から選ぶことができます。

地元ならではという視点でアドバイスしてくれますから、
安心して購入することができます。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。