札幌のドライブに観光農園のすすめ

札幌観光するなら札幌観光ナビ
8201339879_cdc85db258

8201339879_cdc85db258

6月から初秋にかけて、北海道では多くの農家が、
さまざまな農作物の収穫のシーズンを迎えます。

天気の良い日は、ドライブがてら郊外の観光農園に出かけてみても良いかもしれません。

特に北海道の農業にふれあうことのできる体験は、
子どもを連れての旅行にもおすすめです。

札幌市南区にある「砥山ふれあい果実園」の醍醐味は、何といっても果物狩りです。
8月頃には、ブルーベリーとプルーンを楽しむことができるようになります。

例年ブドウやりんご、梨狩りも楽しむことができるものの、
2012年の冬には雪害があったため、店頭販売のみとなっています。

園内でバーベキューをすることもでき、1日中楽しむことができます。
同じく南区にある「八剣山果樹園」でも、果物狩りが人気です。

果物だけでなく、
とうもろこしやじゃがいもなどといった野菜の収穫も体験することができ、
無農薬野菜の直売も人気です。

園内では乗馬体験や八剣山登山、バーベキューなどといったアクティビティもあり、
これらと組み合わせた旅行プランもあります。

ユニークなところは園内にある池で釣りもすることができること、
またフェルトやキャンドル作りなどといったワークショップも行われていることです。

いずれの農場も国道230号線を定山渓方面へ向かい、
簾舞から八剣山へ入った付近にあります。

↓BIG FUN GARDEN PARTY@八剣山果樹園2012

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。