札幌のビアガーデンは意外に早く始まっている?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
3615991135_5471301e3e

 3615991135_5471301e3e

札幌はビールの街であり、やはりビアガーデンは札幌市民にとって、
夏の楽しみでもあります。

夏の訪れは遅い札幌ですが、多くの市民は夏本番まで待ちきれません。
多少肌寒くても、札幌のビアガーデンは始まります。

2013年は、サッポロファクトリーの「開拓使ジンギスカンビヤガーデン」が、
札幌でビアガーデンとしてもっとも早く始まりました。

2013年5月24日から、すでに始まっています。

2013年6月6日からは、すすきの駅前にあるラフィラの屋上ビアガーデンである、
SKY GARDEN 365」がスタートしました。

イタリアン、本格炭火焼も楽しむことのできるビアガーデンです。

北海道産の食材にこだわった食事が好評となっている、
さっぽろテレビ塔 サッポロクラシックビヤガーデン」は、
2013年は6月20日からスタートしています。

さっぽろテレビ塔の真下にある1階テラスで楽しむビアガーデンは、観光客に人気です。

そして、もっとも有名であるものは毎年、
大通公園西5丁目から11丁目までのスペースを使って大規模に行われる、
さっぽろ大通ビアガーデン」です。

2013年は、7月19日からのスタートとなります。

ビール各社が競うようにして出店するビアガーデンが並ぶさっぽろ大通ビアガーデンは、
札幌の夏の風物詩となっています。

↓【札幌動画】さっぽろ大通ビアガーデン

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。