札幌の冬はいつまで雪遊びできる?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌にある小学校の校庭や住宅地にある公園には、その多くに小さな山があります

北海道外から訪れている多くの観光客は、その山が何をするためのものであるのかとして、
疑問に感じるようです。

冬に訪れてみれば答えは一目瞭然であり、
小山は子どもたちが雪遊びをするためのものです。

小山でスキーやそりすべりをして、寒さの中でも元気に遊ぶ子どもの姿が見られています。

そうした光景は12月下旬から3月いっぱい頃までのものであり、
4月に入ると雪どけが進み、雪遊びには適さない気候になるのが例年の札幌です

こうした地元の子どもたちと同じように雪遊びを体験してみたいというときには、
国立滝野すずらん公園で行われている「滝野スノーワールド」がおすすめです。

雪にはじめて接する人であってもチューブそりやスノーシューなどで楽しむことができ、
大人から子どもまで一緒に遊ぶことのできるさまざまなプランが用意されています。

滝野スノーワールドは2014年3月31日まで開催されていて、
やはりこちらも雪遊びは3月いっぱいまでが期限になっています。

各旅行会社では札幌市内のホテルから滝野すずらん公園までを、
タクシーで送迎するというプランも提供しています。

冬道運転をしなくても雪遊びを楽しむために郊外へ行くことができ、大変便利です。

↓年長児・雪遊び

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。