札幌の新さっぽろ地区が再開発へ

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市が、厚別区の新札幌地区周辺について再開発する方針を打ち出しています

市営地下鉄とJRの新さっぽろ駅からは近くに老朽化した市営団地があるため、
それを取り壊して近隣の駐車場と合わせたおよそ7ヘクタールの敷地に、
マンションや商業・文化教育施設を建設するという計画になっています。

札幌市では「新さっぽろ駅周辺地区まちづくり計画案」をまとめ、
その中で駅の北側は「商業・複合・新規開発ゾーン」、
南側は「文化教育・地域コミュニティゾーン」にするとしています。

商業施設や生涯教育に関する施設、また多目的ホールなどもあらたに建てられます。

立体駐車場を含む施設内には「空中歩廊」として通路も設けられ、
施設間を移動することもできるようになります。

札幌市の推計では厚別区において65歳以上の高齢化率が増加していて、
現在の27.8%から10年間のうちに35.7%にまで増加する見通しです。

市全体で見ても、ほかの区に比較して高い割合になっています。

JRでも地下鉄でも札幌の中心部へ直接アクセスすることのできる便利な土地柄である上、
江別方面や千歳方面へのアクセスでは分岐点になっていることも考慮すると、
市の再開発事業によってさらなる人口増も見込むことができるとしています

↓H27/03/19 35秒 新さっぽろ高架橋~

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。