札幌の春スキーはまだまだ大丈夫?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌近郊のスキー場では、ゴールデンウィークの頃までは営業している場所が、
結構あります。

市街地で雪がなくなっても、山にはまだ白銀の世界が広がっています。
札幌市内にあるスキー場のうち「サッポロテイネ」は、2013年は4月7日までの営業でした。

ただ土曜日、日曜日、祝日に関しては2013年5月6日まで、
引き続き「特別春スキー期間」として楽しむことができます。

この期間中はリフト料金が大幅に割引されていて、
ファミリーパックなどといったリフト1日乗車券を利用すれば、さらにお得になります。

定山渓にある「さっぽろ国際スキー場」は、スプリング期間ということで、
日中だけの営業で2013年5月6日までは春スキーを滑ることが可能となっています。

「スプリングパック」であれば往復のバス代と1日券が付いて大人が4,000円となっていて、
雪道の運転が苦手である人でも安心です。

ちなみに札幌から少し足を伸ばして小樽方面までを行動範囲にするならば、
キロロスノーワールド」もおすすめです。

2013年5月6日までの営業となっています。

「キロロリゾート」としてスキーだけでなく、
レストランやホテルなども用意されていますから、
家族やカップルで泊りがけの旅行をするにも人気があります。

↓まだ雪はたっぷり 白井岳で春山スキー(2012/04/08)北海道新聞

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。