札幌の水道水に関する評判

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌の水道水は全国的にもおいしいとして、評判になっています。
その評判どおり、蛇口から出てくる水はそのまま飲むことができます。

札幌市内の水道水は、原水が豊平峡ダムや定山渓ダムから来ています。
支笏洞爺国立公園内にありますから、取水地点の上流に民家や工場はありません。

人の暮らしがないということは、菌を殺すための塩素を大量に使う必要もないため、
塩素のにおいも気になりません。

5月から6月頃には山や森からミネラルを豊富に含む雪解け水が混じり、
蛇口をひねると天然のミネラルウォーターが出てくるかのように、
おいしい水を飲むことができるのです。

札幌市ではどれだけ札幌の水道水がおいしいかについて全国の人に知ってもらう目的で、
水道水をペットボトル詰めにして、
「ボトルドウォーター さっぽろの水」として販売
しています。

500mlのペットボトルですから、
観光旅行で少しのどがかわいたというときのために持ち歩くこともできますし、
お土産として買っても良いでしょう。

札幌中心部にあるおもな観光ホテルの売店や大通公園のとうきびワゴン、
札幌市役所の売店などで販売されているほか、
時計台には「さっぽろの水」の自動販売機もあります。

札幌市が自信を持って販売している水道水ですから、
札幌市内であれば市販のミネラルウォーターを買うよりもおすすめです。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。