札幌の祭り・YOSAKOIソーラン祭り(審査編)

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

YOSAKOIソーラン祭り

YOSAKOIソーラン祭りでは
札幌内外から参加してくる多くのチームの演舞について
審査を実施していて、これも注目を集めるものになっています。

その最高の栄誉が『YOSAKOIソーラン大賞』であり、
大賞を獲得したことのあるチームをはじめとして、
名前が知られているチームは北海道の内外で開催される
さまざまなイベントにおいてもゲストとして招かれ、
演舞を披露するなどしています。

 

2008年に開催された『2008北海道洞爺湖サミット』こと
第34回主要国首脳会議においては、
大賞や『準YOSAKOIソーラン大賞』の常連にもなっている『平岸天神』が、
歓迎レセプションの場で踊りを披露し絶賛を受けたこともよく知られています。

その審査については、
『演舞・表現にオリジナリティがあり、
観る人の心に感動と元気が届けられたかどうか』

という選考基準が設けられています。

審査の対象となるのは、
YOSAKOIソーラン祭りの日程でも後半に披露される演舞です。

土曜日には『北』、『南』がある大通パレード会場において、
10のブロックに分かれての一次審査が実施されます。

そこから各ブロックにおいて1位となったチーム、
前年度に大賞を獲得したチームの合計11チームが、
最終日にメインステージと大通パレード会場(南)で実施される
ファイナル審査へと進出します。
各ブロックで2位になったチームのほか、
携帯電話投票による観客審査によって
各ブロックで3位になったチームの上位1チームは、
最終日にメインステージで実施されるセミファイナル審査へ進出します。

ハイレベルな演舞の連続を観覧したいというときには必見です。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。