札幌の雪道を車で走るための基礎知識

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

冬に札幌で車を運転するということは、雪道運転を体験するということです。
札幌では11月頃になると、多くの車がスタッドレスタイヤに履き替えます。

大手のレンタカー会社で借りる車についても、11月頃からは装備済みとなっています。

スタッドレスタイヤであれば、
凍結路面であっても夏タイヤよりはスリップしにくくなりますが、
過信するとアイスバーンで事故になることもありますから急ハンドルや急ブレーキ、
急発進は禁物です。

アイスバーンとは凍結路面のことであり、雪面が路上で凍結している状態です。
札幌の冬は、多くの路上がアイスバーン状態になります。

アイスバーンの中でも特に、雪が踏み固められて凍結している状態は、
圧雪アイスバーン」といい、札幌市内の幹線道路でも多く見られます。

また、アスファルトが見えている状態で一見アイスバーンには見えないものの、
実は路上が薄い氷で凍結している状態を「ブラックアイスバーン」といい、
気づかずに急ブレーキをかけるなどすると、重大事故につながる危険もあります。

交通量の多い交差点で見られるものが「ミラーバーン」であり、
多くの車が発進、停車するためにタイヤの摩擦で路面が鏡のようになっている状態です。

そのほか、圧雪道路がでこぼこになった状態を「そろばん道路」と呼ぶこともあります。
でこぼこの上を走るとハンドルをとられることもありますから、徐行することが原則です。

郊外では暴風雪や地吹雪などが舞い上がり、
道路の状況がまったくわからなくなることもあります。

↓北海道の雪道 ドライブ 札幌市

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。