札幌まつりのチェックしたい露店は?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
SN360224

札幌まつりでは、北海道神宮の境内に縁日や露店が並びます。
ただ、数でいえば中島公園の方が多く、500を超える露店が並んでいます。

いよいよお祭りも最終日になるということで、
これからでもぜひ中島公園に出かけてみましょう。

ただ、2013年の札幌まつりは最終日が日曜日となっているため、
大変な混雑が予想されます。

そこで、地下鉄南北線の幌平橋駅方面側から出かけると、
若干ながら人の流れは空いているかもしれません。

焼きそばやたこ焼き、カルメ焼き、人形焼、いちごあめ、わたあめ、
金魚すくい
などといったように昔ながらのスタイルをしている露店が多く、
その風景はさながら昭和の日本が思い出される雰囲気です。

その中でもおすすめは見世物小屋やお化け屋敷、オートバイサーカスです。

現在、「ヘビ女」などを見せている見世物小屋は大変数が少なく貴重なものとなっていて、
北海道ですと札幌まつりでしか見ることができません。

また、お化け屋敷も昔ながらのスタイルであり、
暗闇でお化けがお客さんをおどかすというものです。

ゲームやCGが当たり前になった現代の子どもたちにとっては、
かえって新鮮であるかもしれません。

また、露店ではありませんがお祭りの期間中、
中島公園内にある人形劇場である「こぐま座」では、「おまつり公演」が行われています。

↓ヘビを食べる女 小雪ちゃん

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。