札幌まつりの渡御でおみこしがよく見えるスポットは?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
SN360224

SN360224

札幌まつりもいよいよ佳境に入っていますが、
2013年6月16日には道路の交通規制が行われ、お神輿の渡御(とぎょ)が行われます。

平安絵巻のような装束に身を包んだ人や、万燈(まんど)といわれるお囃子など、
全部で1,200人にもなる行列が、札幌市内を歩く光景は圧巻です。

お神輿や行列がよく見えるスポットは、いくつかあります。
午前中に見たいならば、北海道神宮を午前9時に出発したすぐ後が狙い目です。

9時10分から9時30分頃の北1条西20丁目交差点、第1鳥居付近がポイントになります。
次のポイントは午前10時頃の西友旭ヶ丘店付近であり、お神輿は南9条通りに曲がります。

さらに、午前10時40分頃の札幌プリンスホテル付近も要チェックです。

午後になると行列はもう一度神宮へと戻りますから、
午後であれば午後1時10分に出発した直後の南3条通りで、よく見えるでしょう。

東2丁目から西9丁目までを歩きます。

また、午後2時頃には中島公園前の南9条西4丁目を通りますから、
中島公園の縁日で楽しんでいる人もお神輿を見ることができます。

街の中心部にいる人には、午後3時20分頃の南大通と札幌駅前通の角がおすすめです。
その後は南大通を直進していきますから、沿道からよく見えるでしょう。

午後4時50分には、行列が北海道神宮に戻ります。

↓北海道神宮例祭 札幌まつり 渡御行列

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。